【FXコラム】初心者が収支をプラスにするまで⑤

FXコラム
スポンサーリンク

ども!OGです(*^^*)

今回のFXコラムは「FX初心者が収支をプラスにするまで⑤ 年収支プラスで終える編」です!٩(.^ⅴ^.)و Let’s go!

FXサイクル理論決定版”OGの相関性サイクル理論”はこちらから!!

通貨強弱を覚えた僕は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円、まずその3つで通貨強弱から環境認識を把握するようになっていました。

ドルと円の強さ、それと位置を確認するのにはめちゃくちゃ良い方法でした。

通貨ペアを沢山みて環境認識するというイメージですね。

そしてドル円だけのトレードから、「ユーロクロス」を主に触り始めます。

あ、触り始める前に証拠金などの設定を少し考え始めましたね。

クロス円とドルストも触り始め(ポンド以外)、他の通貨ペアを大体の動きで把握し始めていて資金も増えていっていた頃です。

プラマイゼロにしたあの日から3ヶ月で最初入金した資金の3倍になっており、少し自分の「お金の器」からはみ出ているような感じを受けました。

2021年10月のひと月は証拠金を減らしてスタートしてみました。

ただそれだと最大7ペアにエントリーする僕のやり方ではレバレッジが足りない。

調整した結果自分にあった証拠金を見付け、上手くなるまではそれでいこうと決めました。

お金の増やし方を知りたいならこちらをチェック

<マイルールとして>

〇明日用意出来る預金の3%までの証拠金

〇証拠金の5%までのエントリー

〇毎週出金して同じ証拠金で週を始める

こちらをルールとして守ってやっていこうと決めました。

それ以外はルールというルールを設けなかったですね。

新しくルールも加わり、ついに「ユーロクロス」を扱い始め、メインで触る通貨ペアを「ユーロ豪ドル」にしました。

あまりやっている人を見なかったですが、僕には非常に合ってた印象でした。

合ってたというか、面白いというか。

FXのテクニカルならこれを見ればOK

一方的に動く通貨ペアで、開場してから一度も逆方向行かずそのままの方向へ行くこともしばしば。

方向間違えるとすぐにロスカットになるという特徴があるペアですね。

エントリーの根拠を増やすべくこのユーロ豪ドルを触るために豪ドル円を注意して見始めました。

豪ドルと円はリスクオンオフ通貨。

「豪ドル⇔円」の関係を見ることにより豪ドルの動きをキャッチするというものです。

ユーロの強さは上記の三つで確認していますから、割と簡単にユーロ豪ドルは掴むことが出来ましたね。

このユーロ豪ドルとの出会いのおかげで僕のトレード全体に余裕が生まれました。

先ほど書いた通り一方的に動く癖のあるペアなので一日に200pips動くのは当たり前。

朝エントリーしたら100pips利益出ることが稀ではないんですよね。

それぐらいボラが大きい。

このペアをしっかり取るおかげで他のペアのエントリーに余裕が生まれるわけです。基本給みたいな感じですね。

もちろん負ける時もありますがそこは損切りを入れて負けを大きくしないことは徹底しています。そして負ける時は追わない。往復ビンタを食らうのにかなりの痛手を食う可能性があるからです(ボラのせいで)。

ちなみに他の通貨ペアの損切りはかなりシビアですが、ユーロ豪ドルは基本的には20pipsぐらいで入ることが多いですね。20~30pipsという感じでしょうか。

波が大きいペアなので小さく取るというよりも大きく取ることを頭に置いておくのがいいですね。

と、まぁ長々と僕の「初心者が収支をプラスにするまで」をお送りいたしました。

読んで頂いた方ありがとうございました(*^^*)

参考になるものが書けたかどうかは全く自信がありませんが、思っていたよりも沢山の方に読んで頂けて嬉しかったです。

初年度実績としてはプラスで終われました。結果的には出金した額も入金額の4倍~5倍ぐらいになっていましたね。

2年目の今年はマイルールの証拠金の5%ルールだけ変更して今は12%までエントリーしています。今年このまま順調にいけば来年はまた違ったやり方でやってみたいとも思っています。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました