FX初心者向けのテクニカル使い方を簡単に説明

FX思考と手法
スポンサーリンク

ども、OGです(‘ω’)ノ

こちらでは「FX初心者の方向けのテクニカルの使い方」をリンクを使ってまとめてみました!

スポンサーリンク

FXテクニカルについて 

チャートにおけるテクニカルは人それぞれです。

もう世の中に出尽くしているので新しいことというよりも先人が色々考えに考えて出した「答え」を「模倣」するというイメージでしょうか。

その中で自分の好きなものを使うというやり方を皆さん取っていると思います。

僕なんかは結構アナログで、基礎を覚えたらとりあえずやってみて、それで使えるようになる。

どちらかというと習うより慣れろの方に寄っていますね。

インジケーターも偏っているというか、基本的にはロウソク足と移動平均線のみチャートに出していますね。自分の感覚を元にしてトレードすることが多いかと思います。

下記にリンクを貼っていますが、一つ一つ見てもらえばわかりますが難しいことは書かずに簡単にまとめています。

手作り感満載の使い方の例もお楽しみください(笑)

どうぞ!!

日本テクニカル分析大全

FX OGのテクニカル一覧

〇水平線の引き方

・皆が最初に通るであろう水平線(笑) 。サポートラインは意外と大切で、これも引き続けるとどれが大切かを見失う。でも引いていけば自ずと分かってくるものですね。

〇トレンドライン

・チャート見たらわかるやんって初めは思ってしまうかもしれないけど、どの時間足ではどの角度がついているのかを見るのにとても重要。チャートは角度という人もいるぐらいなので引けるようになるのは大切かもしれない。

〇チャネルライン

・角度と値幅がわかる優れもの。波動の初歩がこれでわかると思う。伸縮をこれで学べるし、チャネルを引けるようになると結構引き付ける練習にもなる。どこからどこまでを狙うかもはっきりしてくるし、個人的にはお勧めですね。

〇フィボナッチリトレースメント

・水平線と並んで人気のフィボナッチシリーズの皆が初めに触るものですね。係数を使ったものですがその中身がわからなくても見たらすぐわかるようになっていて便利なツール。相場の伸縮を表していてとても使いやすいし重要なものだと思います。

FXのテクニカルを勉強するならこちら。

おわりに

テクニカルは色々あります。

どれを使っても良いし、使わなくても良い。なんなら全部使っても良い。

相場で生き残れるのなら何を使っても良いし使わなくても良い。

これらは全て相場で生き残っていく手段でありツールであることを忘れてはならないと思うんです。

だからテクニカルは基礎であり学ばなければならないことですが絶対ではない。

使わなくて生き残れるならそれでもいいんです。

ただ知っておいて損はない。

どんなときにも対応できる引き出しはいくつあってもいいんでね。

まだまだありますがこれからどんどん増やしていくつもりです。

こちらのブログ記事はまとめになっていますが増やして充実させていきたいと思っています。

読みたい方はどうぞちょくちょく覗きに来て頂ければと思います(*’ω’*)

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました