2023.7.4.ドル円145.0の壁が厚い。FX市場の直近ファンダメンタルズの動向を探る。

・当サイトは広告を含みます。

市場動向とFX考察
スポンサーリンク

ども、OGです(‘ω’)ノ

さて今日も、「本日のファンダメンタルズレポート」を書いていきたいと思います٩(.^ⅴ^.)و Let’s go!

このブログでは「FXを投資に20年先も生き残る」をテーマに相場環境認識を中心にFXにおける気付きを記事にまとめています。

”相場に深入りせず、流れを掴んで乗って行く”

これが負けない秘訣だと思っていますので流れに乗るためにどうするのか、これに絞って取り組んでいきたいと思います(‘ω’)ノ

FXでの重要なポイントは?

スポンサーリンク

近況報告

ここ一週間、ブログは更新していましたが、「毎日ファンダメンタルズ」をサボっておりました。サボると自分に都合のいい情報ばかり取ってしまいファンダメンタルズの良さを逆に失っていることに気付きます(笑)。

米、日、欧、英ばかりみていて、中国、オセアニア勢をほったらかしとかですね(笑)。それではダメだ!と思いたまには書いてみようと筆を執った次第です(笑)。

ファンダメンタルズを書いている時はオセアニア勢のことを書いていなくても見て対象にしていたりするのでやはり書くべきだなと思うわけですよ(レポートにも書けw

でもこれからまた毎日書くのかと言われると保留中(笑)。

気が向いたら書こうかな。明日からまた続けて書けたら続くかな(笑)。

note.について

それと日曜日に有料noteを出しました。「ボラティリティトレード完全版」です。

OGのボラティリティトレード完全版(with ロンドンの呼吸)|OG@ドル円は友達 (note.com)

ブログ読んでくれている人は既存の内容なので購入する必要はないと思いますが、興味ある方や僕にサポートしたい方(いないw)はぜひよろしくお願いします(笑)。

一応有料にするということで、「ロンドンの呼吸」を添えています。ロンドンでの戦い方とボラティリティトレードを組み合わせた考え方などを書いています。

有料にした経緯は、ブログ内に記載しているのにも関わらずあまりにも読んでない方の質問が多いのもありますが、単純にGoogle検索で引っ掛かっていないから、という理由です(笑)。

ブログ書く人には分かってもらえると思いますが、この「検索にかかる」という承認欲求は何にも変えられないものなんです(笑)。

そのためにやっているといっても過言ではないですからね!(鼻息荒いw

今の所一記事だけですが、今後は「相関性サイクル理論」もnoteにアップする予定です。こちらもずっとブログ内にあった記事ですので読んだことのある人には無用なものかもしれませんが。

有料でアップしたものはリライトはもちろんしていますが、都度また新たな気付きなど情報は追記していく形にしていきます。そして今後価格も随時変更予定です。「ボラティリティトレード」は日曜日に価格変更します(値上げ)。

散々有料noteってなんやねん!買う必要なんかない!って言ってきた僕ですが、ついに出した形になりました。まぁ一年間無料で出してたから信用がある(良い悪い別として)、というのもそうですし、単純にもっと人に読んで欲しいというのがあります。実際有料にした方が閲覧数は伸びていますし、こういう形態もあるんだなと勉強になりました。

今まで通り、こちらのブログ記事が本編となって、その横道としてnoteの活用をしていきたいと思っています。今回のようにGoogle広告の思わぬ停止などがあり、それも発売への理由の一つとなりました。

まぁ様々意見あるでしょうが、その辺を汲んで頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

FXの環境認識を勉強するならこれ。

本日のファンダメンタルズレポート

ドルと円を中心にファンダメンタルズを追っているわけですが、そのドル円でみると145がとても重い印象です。反発をみてもかなり強いですよね。ファンダメンタルズもあれど、ここがかなの節目になっているように思います。上抜けると一段高になりそう。

米ドル相場をみていくと、完全に7月の利上げは織り込み済み。もうほとんどこの利上げを疑っているトレーダーはいないんじゃないかと思うぐらいですよね。そしてパウエルFRB議長が最近いつも言う「年内2回の利上げ」説。僕は元々、5月の利上げで終わり説を唱えていましたが、さすがにこれ、7月利上げするんやろうな、と思っています。ここまでいって利上げしないとなると失望売り凄そう(笑)。

でも確かにデータ次第と言っているので、そのデータをみてみると、強いは強いですが、そんなに強い?と僕なんかは思って今います。米経済って、元々強かったんちゃうん?って(笑)。

確かに住宅系指標や消費者頼感指数は上方修正、そして新規失業保険申請件数が大幅に低下しており、雇用の回復が見込まれていますが、PMI、PCE、先日のISMなどの数値自体は悪化しています。そして米ドルは強いといえどそれほど強くない印象を持っています。

もちろんここから一気にドルが下がるという弱さを考えているわけではなく、ドル一強だった過去のような強さではないということです。それはドルストレートのレートをみれば明らか。どれも上下にフラフラする相場になっていますもんね。

7月の利上げをどうするかは正直全くわかりませんが、もし2回するのであればおそらく7月と9月になると思います。そして年明けの早い段階で利下げというシナリオを組むのだろうという感じに見えますね。

ただ僕は、7月はもしかしたら利上げをするかもしれないですが、かなり否定的にみています。したとしても7月のみ。なんだったらやっぱり5月で終わり説もないの?派です(笑)。

ドル円の話に戻しますが、145を超えられないのは日銀の介入の怖さもトレーダーが感じているからでしょうね。どこでやってくるかわかりませんからね、ただ最近はもう口先介入も全く効かない。効果がない(笑)。日本の「遺憾」と同じぐらい効果ない(言うたアカンw

そして僕はこれまたずっと言ってますが、こんなに皆が警戒している所での介入はないやろって個人的には思ってます。

「え~もう介入なしかぁ・・・」「しょうがないよ・・・」みたいな雰囲気になってきて脳死ロングが増えてきたらあるんちゃうかなって想像してます(笑)。

本日は米市場休場ですね。指標関連があまりないんでフラフラするだけのような気もしますね。ボラみて遊ぼうかなって思ってます!ドル円上ボラなら普通に145超えるんでその辺も楽しみですね!え?アメリカお休みで越えちゃうの??みたいな(笑)。

また次回も読んでもらえたら嬉しいです!

では!

デイトレードをもっと知りたいなら

コメント

タイトルとURLをコピーしました