資金管理とリスクリワードについて理解が深まればFXが上達する??この2つを理解すれば相場への向き合い方が変わる!

・当サイトは広告を含みます。

FXの思考とコツ
スポンサーリンク

ども!OGです(*^^*)

今回は「FXにおける資金管理とリスクリワードについて」書いていきたいと思います!٩(.^ⅴ^.)و Let’s go!

僕のブログ読んでくれている方の中には、まだ始めたばかりの方やまだ思ったように勝ち越せていない方が多いのではないでしょうか。

このブログでは「FXを投資に20年先も生き残る」をテーマに相場環境認識を中心にFXにおける気付きを記事にまとめています。

”相場に深入りせず、流れを掴んで乗って行く”

これが負けない秘訣だと思っていますので流れに乗るためにどうするのか、これに絞って取り組んでいきたいと思います(‘ω’)ノ

投資家のためのリスクマネジメント

スポンサーリンク

FXにおける資金管理とリスクリワードについて

以前、リスクリワードについて書きました。その際に書いたことはその時に僕が思って実際にトレードでそのようにやっていたり、もしくは万人に伝えるとするならこちらの方が良いとして記述しました。

今回はトレード歴も長くなり、つまりこういうことかと段々と理解してきて、これは僕一個人だけではなく誰であっても当てはまることではないかということを書いていきたいと思います。

リスクリワード(以下RR)は「こうすべき」というものはありません。トレード歴が長く10年プラスの人と、始めたばかりの人ではそのRRは違います。ただこれには資金力の差というものはないと思っています。

実際トレードをしている僕が感じるトレードでのコツを少しお話出来ればなと思っています。

FXでの重要なポイントは?

資金管理とリスクリワード

簡単に資金管理の話をしておきたいと思います。

資金管理とは確かに資金がある人とない人では設定を弱くできる資金力大の人の方が有利ですが、資金管理という面では誰しも平等に考えられると思います。

絶対負けないという人はいないということを前提として書きますが、トレードでは誰もが「絶対負けます」。負けるというのはここでは「損切りをする」ということとして捉えてもらえればと思います。

確かにトレード全体で言えば損切りは負けではありません。ただ一つのトレードとして見るのであれば負けという認識です。その負けと勝ちを繰り返してトータルでプラスに持って行く。これがトレードだと思っています。全てには勝てない、負けがあるということをまず認識するべきだと思います。

トレードで難しいのは、その一つ一つのトレードにおける負けより勝ちが多ければ利益がプラスになるとは限らないということです。

つまり小さく勝ちを重ねても一度の大きな負け(含み損を持っていたりすることによる大きな損失)でトータルマイナスになる可能性があるということです。

そしてこれは負けトレーダーにかなり多い。やはり皆さん「負けたくない」という気持ちが強いのだと思います。でも先ほどの言葉を思い出してください。トレードは皆負けるんです。全部勝っている人なんていないんです。損をしながら利益を積み上げるのがトレードの本質なんです。ということは、資金管理とはそのコツコツドカン(小さく勝って大きく負ける)を無くすために考えるものでもあるわけです。

トレードに使えるお金(資金)をまず把握する。10万円なのか100万円なのか1000万円なのか。多くの人が小さい資金で大きなお金を得られると思ってFXをやる人が多い。その多くの人がなけなしのお金でやっている人が多いのも事実です。

それは間違いです。

小さなお金では小さなお金を稼ぐことしか出来ないことを頭に入れるべきです。

もちろんFXはレバレッジを掛けられる商品です。小さな資金(証拠金)で大きく勝つこともあるでしょう。ただそれがしっかりとした根拠をもとにトレードされているかどうかが重要です。

つまり資金管理のルールに基づいてトレードされているかどうかが重要というわけです。

ここでRRの話を繋がるわけですが、テクニカルでもファンダメンタルズでもその両方でも、トレードする際のルールがあるはずです。そのルールに基づいて、そのルールと資金管理のルールを結び付けられているのかが重要なポイントとなるわけです。

ルールがブレていると何度やっても負けを繰り返します。まずそのトレードする際のルールがどのぐらいの確率で勝てる方法なのかが重要であるのと(トレードの手法)、何度繰り返せばプラスになり、何度繰り返せばRRをマイナスにするのかがしっかり把握出来ている(資金管理の手法)のかどうか。

まぐれ当たりを喜んでもトレードの手法の際の期待値と、資金管理の手法のRRが分かっていないならいつの日か資金を枯渇させるでしょう。

これが分かっている、そして実行出来る人が勝ちトレーダーになる人だと思っています。

このトレードで人生変えてやろうって人は遅かれ早かれ退場してしまうことでしょう。

前回のブログの記事ではこのリスクリワード(RR)についても資金管理についても人それぞれという言い方をしましたが、実際は違うということです。皆さん同じように確率を上げていかないと退場してしまうということを今回は書いていきたいと思います。

ウォーレン・バフェットの「仕事と人生を豊かにする8つの哲学」

資金管理とリスクリワードにおける確率の話

ではその確率とはどうすべきかという話になると思います。トレードが上手い人と下手な人の差はあると思いますが、例えばテクニカルで10回トレードして1回勝てる方法でトレードする人と10回トレードして4回勝てる人ではリスクリワードも変わってきます。

なのでまずは自分の手法にどれだけ期待値があるのかを把握する。僕は損切りがかなり早いテクニカルを採用しています。自分のトレードをあまり信用していないということです。下手だと自覚しているのでマイナスはすぐに切って、同じ方向へのインでも切ってから入るようにしています。ナンピンをしないトレードですね。

それが良いかどうかは置いておいて、その際のRRは10回で1回当たればいいというようなイメージで入っています。確かに徐々にそれは改善されており、現在はそれよりもRRは良いのですが、それでもイメージは9:1のままでいます。10回トレードして1回大きく取れたらいいというスタイル、目線を持ったままだということです。

ではどれぐらいを狙うのかということですが、僕の場合は極端にリスクが小さくなる方法を取っています。

「え?10回で1回当たればいいのにリスクが小さい??」

と思われた方もいるでしょうが、その一度の損切りがとても小さいわけです(笑)。

僕の考え方としては、例えば1トレードの際の損切りを2pips(仮)で損切りをすれば(スプレッドは今は省いています)、1回の勝ちトレードで20pips取れば利益が残ります。9回x2pips=18pips(マイナスは18pipsで限定される)。

ということは?

段々と分かってきたのではないでしょうか。

20pips取れるような所でしかエントリーしない、トレードしないというルールが付いてくるわけです。闇雲に、「あ、ここは入れるかも」というのがなくなるわけです。そうするとどんどんトレードも綺麗になっていきます。

これはやってみるとかなり上達しているのが自分でも感じるようになります。10回に1回ではなくなってきたりもするので利益の残り方にも違いがはっきりと表れます。

あらゆる視点から相場に臨む

界隈ではよくプロスペクト理論の話が話題にのぼります。こうやってルールを決めても確かに含み益を耐えるのはしんどい。なので自分なりのRRを設定して、それに見合ったトレードスタイルを確立していくという逆方向からのアプローチがとても役に立ちます。

もちろんトレードをしているとほとんどが自分との闘いです。自分自身の弱さとの闘いなのでとてもしんどいですが、その弱い部分を律するのがルールだと思っています。ルール=テクニカルだと僕は思っているので、ルールを守れなければそのテクニカルは破綻しているという理解をしています。

もちろん人間なので守れなくて当たり前な部分もあるでしょう。ただFXに自分の都合は聞いてもらえません。その場合の負けは負けるべくして、というものとなるでしょう。そことの闘いもしんどいですね。しんどいことだらけですね(笑)。

ただそれを超えると利益がしっかり乗ってくるものと思っています。少しずつルールを積み重ねていく。そんなに難しいことをしなくてもいいのですが、そのルールを守れるかどうかだけだと思います。

これも前回書きましたがお金の器や資金量について少し考え方も変わってきました。現在ではFXを続けているうちに、「お金の器」も「資金量」もあまり関係なく、しっかりとした「資金管理とリスクリワード」が守ることが出来ればFXはプラスに出来るものだと思っています。

難しいテクニカルやファンダメンタルズよりもまずは資金管理とリスクリワードを学ぶことが勝ちトレーダーへの近道なような気がします。

どういうメカニズムになっているのか、負ける時はどうなっているのかをまず理解して臨むという形が良いのではないかと思います。

相場自体は読めませんからね。FXは常にA→Bです。相場が動いてその動きをみて「かすめ取る」ようなイメージ。根こそぎなんて僕ら個人投資家には無理な話であると思っています。ほんのちょっと先の未来を確率でみてトレードしていく。張っていく。そのためには必ず自身の資金とそれに見合ったリスクリワードが存在すると思います。それらをしっかり把握してトレードに臨むことが重要であると考えます。

初めに書いたことに戻りますが、FXは必ず負けと共に利益を増やしていく世界と理解しています。先ほど書いた「かすめ取る」というのがこのFXで生き残るためにとても必要なことだと思っています。そのためには僕ら個人投資家はあらゆる角度から相場を観察することも必要ではないかと考えるわけです。

余剰資金も少ない、テクニカルもファンダメンタルズも常に後追いであることは間違いない。そこから少し先の未来のこうなるであろうという確率を上げていくものだと考えます。そうするにはどうすればいいのかということを常に考えて、アップデートしていく必要があると思っています。

一つ一つ試すというよりも全部試していって多数決のような形で相場をみていくのも必要ではないかと感じていますね。

最強のFX 1分足スキャルピング エントリー&イグジット実践ノート

FXを取引する際のお勧めサイトなど

<無料メルマガプレゼント>

FXを始めてみるも何から勉強して良いのかわからないそんなアナタへ。無料でもらえるメルマガ登録があります。これをみれば相場の事を一気に知ることが出来ます。本もどれを買っていいかわからないと悩まれている方はまずはこちらを読んでみてください(*’ω’*)

↓↓↓ 無料メルマガリンクはこちら ↓↓↓

【無料】現役プロトレーダーが総合監修したFX投資E-BOOK図解オールカラー128P 

サイクロン同好会

noteにてサイクロン同好会を始めました(*’ω’*)

サイクロン同好会|OG@ドル円は友達 (note.com)

GMOクリック証券

おすすめ国内証券会社。銘柄も多く、スプレッドも狭い。安心して使えるFX取引所はこちら(‘ω’)ノ

≪GMOクリック証券≫【FXネオ】人気のiPhoneアプリ!豊富なマーケット情報、最短タップで注文可能!

暗号資産はこちら→ GMOインターネットグループの【GMOコイン】

また次回も読んで頂ければ嬉しいです(*’ω’*)

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました